愛犬との18年 #01出会い

零(レイ) 2005.02.12

犬種:ミニチュアダックスフンド (2004.12.17♂)

毛色:シェーデットクリーム

Michelleが学生時代に当時お付き合いしていた現在の旦那さんが

我が実家へ連れてきました

当時はアイボや有名人が多数ミニチュアダックスをお迎えしていた

ブームの真っただ中でしたね。今のご時世考えられないですね

当時お互いに実家に住んでいたおバカなカップルは

彼の実家は、田舎で犬は室内にいれないお固い家族

私の実家は、6人家族にプラス保護猫多数と保護大型犬1頭の生き物大好き大家族

大型犬の老衰介護を終えて虹をわたり天国へいきました

しばらくしてから家族が愛犬ロスの最中に我が家に舞い降りた天使がレイでした

ミニチュアダックスフンドの特性には珍しく

全く吠えず鼻鳴きのみのおとなしい子でした

その為、私の部屋に来て1週間以上は誰にも気付かれず

猫たちはすぐに気付いていましたが、、

流石にまずいと思い、まず隣の部屋の兄へ

そして洗濯物を干しに来た母親に伝え

家族全員がものすごく驚き初めての足の短い生き物に

家族全員が虜になった事は今でも家族会の思い出話です

2005年のお話で、いま考えれば安易な考えで私でも批判するような

若者の行動ですが、レイが家族になって最期看取るまでの18年間

レイは私達と私の親族にとって、かけがえのない存在となりました

そのお話はまた次回(*・ω・)ノ

タイトルとURLをコピーしました